モダンコンバット Versus|野良バウンティでの立ち回りについて

0 48

攻めてばかりじゃある意味運任せよ。※加筆予定

スポンサーリンク

野良で戦うバウンティってめっちゃ難しくないですか?

 

意思疎通ができないことに加えて、そもそもみんながみんなバトルスタイルが異なるわけで、ひたすら中央突破していくような人もいれば、ひとり離れた位置から様子を伺う人もいるし、積極的に裏を狙っていく人もいたりします。

 

普通にやってたら、まさにバラバラで、それこそ勝つか負けるか運任せのような状況になりがちです。

 

野良はなぜ運任せ?

基本的なエイムやアビリティのタイミングなんかは別にして、それだけではどうしようもないのが、先に見つけられての不意打ちですよね。

 

特に後ろから来られた日には、もはや動くことすら諦めてしまうこともあるほど一瞬で削られてしまいます。

 

自分が先に見つけることができれば、それはそれでチャンスなんですけど、いずれにせよ勝つか負けるかが運任せになっている感が否めません。

 

バウンティをゾーンコントロールにしてしまう

考えてみると、ゾーンコントロールで4人全員がゾーンの中で生き残り、敵を排除し切ったときってめちゃくちゃ有利になりますよね?

 

なぜなら、敵はこちらに入ってくるしかないわけですから、侵入経路を張っていればほぼ間違いなく対処可能だからです。

 

注意すべきはブレイズのグレネードやチャプカのザップトラップ、クリーパー軍団の集団テレポートくらいでしょう。

他のエージェントの侵攻に関しては、ミスさえしなけりゃ大体食い止めることができます。

 

これ、本質的にはゾーンコントロールは関係なくて、敵がどこから攻めてくるかが分かっている状態が強い、ってことなんですよね。

 

仮想ゾーンをつくる

じゃあ、バウンティでも同じような状況を作ってしまえばいいんですよ。

具体的には、陣取る場所を決めて、敵が攻めてくる度に1人ずつ対処していけばOK。

 

意識はしていなくても、バウンティで楽に勝つことができた試合って、図らずもそういう状況になっていたなってことはありませんか?

 

そして逆に、バウンティで手も足も出ず負けてしまったときって、敵チームに吸い寄せられるように同じエリアに攻め込んでいって、ものの見事に反撃を食らってはいませんでしたか?

キル交換しつつ順番に入っていくと、敵チーム側が裏取りできる可能性が高く、結局やられちゃうんですよね。

 

なわけで、今度は、意識してそういう状況をつくってみましょう。

 

スラム編

スラム街は障害物や通路が多く、見えていないところから攻撃を食らって負けてしまう、というのが王道の負けパターンです。

スポンサーリンク

こちら屋上エリアですが、負けるチームは大体ここに1人ずつ攻め込んできては排除されていく負の連鎖にハマっています。

 

まず、勝っている側としては、わざわざこんな広場に姿をさらしておく必要はないんですね。

 

だから、横の建物や下の通路に身を隠して、「そろそろ帰ってくるかな?」という頃合いを見て攻撃を仕掛けてきます。

敵が鶏舎側にいないようなら、ここは完全なる安置となるわけで、回復やアビリティの補充をやすやすと行えます。

こちらボロ屋側ですが、ここに身を潜めて敵が屋上に出てくるのを待っているパターンもありがちです。

上の様子を広く見渡せるし、裏取りされるリスクも低いので、やはり強ポジションだと言えるでしょう。

ここから覗いているというのもよくあるパターンですね。

下のクリーパーやスイフトに気を取られていると、ここの敵に気づくのが遅れて集中砲火を浴びるってのもありがち。

 

とまぁこのようにして、実は上記のような場合は、勝っている側が屋上を仮想ゾーンに見立てて四方八方に姿を隠し、敵チームが無邪気に攻め込んでくるのをただ待っていればいいという状況になっているわけです。

 

こうなると完全に防衛側と攻撃側に分かれてしまい、もちろん、防衛側の方が有利なのは言うまでもありません。

 

そこで、このような状況になる前に、先にこちらが仮想ゾーンをつくってしまえばいいんです。

例えばボロ屋は間違いなく強ポジションなので、ここに陣取ることができれば非常に強いです。

前と右側からの攻撃には目で見て対処できるし、左側から来た敵に対しては先制攻撃を仕掛けることも可能。

もしくは、以下のように、西の露店側に陣取ってしまうのもいいでしょう。

理想的には、味方側に敵を早めに足止めできるチャプカがいると勝率はより高まるかと思います。

後ろにモナークやセブンを置いて、前をタワーで防衛しておけば、敵もそうそう切り崩すことはできません。

 

ただし、敵にブレイズがいるときは危険ですから、身を隠しやすいボロ屋側の方が戦いやすいかと思います。

 

野良でマッチングした場合、このようにして仮想ゾーンをつくることに成功すれば、勝率は非常に高いはず。

実際、無意識的にそういう経験をされたことがあるのでは?と、わりと確信を持って言うことができます。

 

このような状況を、意識的に作り出すことができれば、野良での勝率は上がるはず。

問題があるとすれば、「これをやろうぜ」という意思疎通が困難ということで、イケイケなチームメイトだった場合は実現するのはほぼ不可能ということ。

 

自分のプレイで出来ることがあるとすれば、ひたすら同じポジションにい続けるということでしょうか。

上手くいけばチームメイトが寄ってきてくれますが、そうでない場合は、諦めて敵が待ち構える仮想ゾーンに向かって、慎重に歩を進めていきましょう。

 

コメント

メールアドレスは公開されません。