モダンコンバット Versus|チームスコアを稼いでくれないモナークさん

0 24

遠距離からの攻撃には敵も味方も要注意。

スポンサーリンク

たぶん荒野行動なんかをよくプレイしている人は、その戦闘スタイルからモナークさんを使ってみたくなるパターンが多いんじゃないでしょうか。

 

ヘッドショットを狙えばほとんどのエージェントを一撃で始末できる上に、スコープを覗いて照準を合わせていく戦闘スタイルが、バトルロイヤルゲームの操作感と似ているため、好んで使う方が多いイメージです。

 

バウンティはデータ回収が大事

モナークは体力が最も少ないエージェントで、アビリティもひたすら攻撃力に特化したものになっているため、前線に出ていくのは非常に危険です。

関連:最強のエージェントは誰だ?体力編

結果的に、データ回収のチャンスも少なくなりがちで、キルは奪ったものの、敵にデータを破棄されてチームスコアにはならず、という場面が多々見られます。

 

 

個人スコアはキルを奪っていることから伸びやすく、最終的にチームが負けてもチーム内MVPになっていることは珍しくありません。

 

しかしですね、結局はチームが負けているんだからどうなのかな?って気がするんですね。

 

安置から覗いて、敵が見えた瞬間にキルを奪う → すぐ側にいた敵チームのエージェントにデータを破棄される → リスポーンした敵に背後からキルを取られ、データも回収される → 結果、キルスコアは伸びるがそれ以上に相手チームにスコアを献上してしまっている。

 

こんな悪循環にハマってしまわないようにするため、モナークには上手な立ち回りが求められます。

要するに、モナークは少なくとも中級者以上のプレイヤーに向いているエージェントになるわけです。

 

ゾーンコントロール(制圧せよ!)ではゾーンに入る

モナークは前述の通り、前線に出向いていくとあっという間に倒されてしまいます。

ピストルスワップは超強力ですが、そもそも敵の攻撃を耐えることができないため、ゾーンの中で生き残り続けるのは難しいと言わざるを得ません。

 

そこで、モナークを使う場合はゾーンの外から様子を見守りつつ、撃てる敵が出てきたら撃っていくというスタイルになりがちです。

 

しかし、このような場合、モナーク自身はゾーンの制圧に直接かかわることができず、チームスコアに対する貢献度は低くなります。

結果的にゾーンを3対4で奪い合うような形になってしまい、前線で戦う他のプレイヤーにとっては苦戦を強いることになるでしょう。

 

特に、ゾーンで負けている最中にモナークで外から狙っているのは、かなりしんどいです。

なぜなら、ゾーンを制圧している側のプレイヤーは、常にゾーンの中にいる必要はまったくなく、むしろ相手が攻めてこないのであれば物陰に身を潜めているだけで、あとは時間の経過を待てば勝利が見えてくるわけです。

 

姿の見えない敵に対してモナークができることは何もなく、「それならば」と思ってピストルに持ち替えてゾーンの中に侵入していったとしても、隠れていた敵エージェントにほんの数発で打ち倒されて終わりでしょう。

 

もちろん、稀に立ち位置を常に変えながら敵をゾーンの中に一切入らせないような凄腕のスナイパーも存在しますが、それほど上手く立ち回れること稀です。

 

結局何が言いたいのかっていうと、状況に応じたエージェントの選択、立ち回りを追求していきましょう

スポンサーリンク

そんな感じです。

コメント

メールアドレスは公開されません。