モダンコンバット Versus|ゲーム画面を解説

0 90

ゲーム画面の使い方を初心者向けに解説します。

スポンサーリンク

このページでは、モダンコンバット Versusを最近始めたよ!という方のために、ゲーム画面の使い方を詳しく解説していきます。

 

ゲーム画面をチェック!

画像を見ながら確認していきましょー。

はい、アプリを起動するとこのような画面になりますね。

項目が多いため最初は戸惑うかもしれませんが、このゲームにはロードアウト(装備品)の概念がないため、実は非常にシンプルにできています。

 

イベント

画面右上から「イベント」を選択すると、現在開催中のイベントの一覧が表示されます。

ミッションは複数同時開催もされ、達成することで様々な報酬が得られます。

この画像の中では、エージェントのミヌーを使用してPvPバトルに勝利すると一定量のクレジットが貰えるとか、期間限定で新エージェントのハッシュタグが貰えるイベントだとか、色々と開催されていました。

 

イベントはわりと頻繁に開催されており、エージェントを育成するのに必要なクレジットも稼ぐことができるため、定期的にチェックしていきましょう。

 

ストア

次にストアですが、ここでは有料(課金)アイテムの販売が行われています。

プレミアムパックでは、ゲーム開始後に一度だけ購入可能なスターターキットや、現在自分が格付けされているリーグに応じた種類のアイテムパックが販売されています。

通常の販売価格よりお得になったアイテムパック。各リーグで、どうしてもこれ以上トロフィーが増えそうにない、というときはエージェントの能力を上げてみることで打開できるかも。そんなとき、プレミアムパックを購入して、モジュールツリーを成長させていくのです。

 

ダイヤの価格はこんな感じ。正直な話、ガチャから排出されるアップグレードトークンの量は、時に悲しくなるほど少ないので、あまり無茶な課金はしないことをオススメします。

 

スキンストアでは、各エージェントのスキンが購入できる。スキンの購入には「チケット」が必要で、シーズン終了後の報酬などで獲得できます。

 

クレートストア

こちらはクレートと呼ばれる宝箱。

いわゆるガチャと思ってもらって問題ありません。

左側に並んでいるのは「VSガチャ」で、11連をすればダイヤ80個分がお得に。

排出されるアイテムは、未所持のエージェント本体、各エージェントのモジュールツリー(モッド&パーク)、そしてアップグレードトークンとなります。

 

右側に並んでいる色付きのクレートは、各レアリティに応じたエージェントが1体確定で獲得可能です。

スポンサーリンク

序盤はひとりのエージェントをしっかり成長させていく方が勝率が上がるため、どれかひとつクレートを開けて、出てきたエージェントをメインとして愛情持って育ててあげるのをおすすめします。

 

ボットバトル

次にボットバトルですが、このモードでは自分以外のすべてのプレイヤーがボット(コンピューター)となり、実際の試合形式でゲームの練習を行うことが可能です。

トロフィーの増減がないので、新しく獲得したエージェントの挙動の確認や、マップをより深く把握するために活用していきましょう。

 

ライブトーナメント

プレイヤーが任意で作成できる大会です。

トーナメントでは全エージェントが最大レベルの状態で使用可能なため、仲間を集めてプレイするのには最適。

また、ライブトーナメントでは観戦モードも用意されています。

上手なプレイヤーの行動を観察して、自分のプレイにも活かしていきましょう。

 

なお、ライブトーナメントは自分ひとりだけでも開催できるため、マップの構造を勉強したいときなんかに役立つかと思います。

関連:モダンコンバット Versus|マップ考察

 

契約

次に画面右下の契約ですが、これは毎日更新されるデイリーミッションとなります。

ミッションをクリアすることで貴重なクレジットを少しずつ獲得することが可能。

数時間おきに更新されていくので、特に意識せずとも、普通にプレイしていれば何らかの契約をクリアすることができるかと思います。

 

獲得したクレジットは、100個溜まると1回だけVSガチャを開けることができます。

取っておいても意味はないので、溜まり次第開けていきましょう。

 

エージェント

画面一番左側に並んでいるアイコンの中から「エージェント」の項目を選ぶと、各エージェントの詳細が確認できます。

エージェントの左上に表示されている数字はエージェントパワーのレベルです。

モジュールツリーの成長具合によって、1~50まであり、最大レベルの50になった時点でアルティメットアビリティが解放されます。

ひとまず、そこを目標にゲームを進めていくことになるでしょう。

詳細のボタンをタップすると、各エージェントのステータス画面が表示されます。

エージェントの名前の下にある「コモン」や「スーパー」の表示は、レアリティを現していますね。

 

エージェントマスタリーは、PvPで獲得した個人スコアをそのまま経験値に変換して加算されていくものです。

エージェントの能力には何の影響もありませんが、そのエージェントをどれくらい使い込んでいるかという指標として活用できます。

アップグレードをタップすると、そのエージェントのモジュールツリーの画面が表示されます。

左のグレード1から順番にアップグレードトークンを用いて解放していくことになりますが、稀にVSガチャからいずれかのモジュールが排出されることがあります。

運が良ければ、まだ解放できないようなグレード3のモジュールやパークなどが獲得でき、大幅に能力値を上昇させることも可能。

 

スポンサーリンク

リーグ

エージェントアイコンの下にいくと、リーグの項目がありますね。

ここでは、各リーグの到達条件(トロフィー数)と、シーズン終了後の報酬内容が確認できます。

画面下に3つの星が並んでいますが、これは400~1500までの中間地点が3つ用意されているということで、区切りに到達するごとに大量のクレジットが獲得できます。

 

以前はシーズン終了ごとにトロフィー数がリセットされていましたが、5月1日の超大型アップデートによりシーズンをまたいだリーグ格付けが行われるようになりました。

それに伴い、トロフィー獲得の難易度が格段に上がっており、ちょっとやそっとのことではマスターリーグまで到達することはできません。

 

ランキング

ランキングのメニューを選択すると、現在の獲得トロフィー数によりソートされたプレイヤーランキングが表示されます。

上位陣はみんな桁違いのトロフィーを稼いでいる模様。

ちなみに、画面右下のグローバルをローカルに変更すると、国内サーバーのみのランキングが表示されます。

 

クラン

ダイヤを使って自由に作成できるクラン。

ソロクランつくってます。

 

クランへの加入は、各種コミュニティをチェックして応募するといいでしょう。

 

Lobi

Lobiはゲーム全般のコミュニティサイトですが、アプリ内に表示されているだけあって、モダコンVS公認のコミュニティとなっています。

プレイヤー同士の交流・情報交換、クラン募集・応募などに活用されているようですね。

 

プロフィール

最後に画面左上のエンブレムをタップしてみましょう。

これまでの戦績が表示されます。

 

K/D比は、自分自身のキルとデスのレートであり、1を下回っているということは、死ぬ回数の方が多いということです。

画像のプロフィールはボクのものですが、K/D比がアホみたいな数字になっているのはスルー推奨。

 

なお、プレイヤー名は自由に変更可能です。

 

コメント

メールアドレスは公開されません。