モダンコンバット Versus|スラム街の特徴・立ち回り

スポンサーリンク

スラム街は現状では最も狭いマップとなります。

障害物や建物・通路も多く、身を隠しながら戦うことが多くなるでしょう。

 

特徴

スラム街というだけあって、荒廃した雰囲気のあるマップ。

障害物が非常に多く、逃げやすい反面、逃げられやすくもあります。

 

交戦地帯としては、なぜだかみんな屋上に集まりがちになります。

モナークやセブンが活きてくるポイントも屋上にほぼ限定されるため、敵チームに彼らがいる場合は、屋上での行動にはよくよく注意しましょう。

 

交戦地帯となりやすい屋上。障害物が多いため隠れた敵エージェントには十分に注意したい。また、敵にモナークがいる場合は前方最奥の出入り口付近に特に注意しておこう。前方左側に見える塀の上に立ってこちらを狙っている場合もあるぞ。

 

反対側から見た状態。このときも、やはり前方最奥の出入り口からモナークが狙っていないか注意しておきたい。また、前方右側に見える壊れた壁からこちらを覗いているパターンもありがちだ。

 

この中に潜んで攻撃のタイミングを伺っていたり、体力を回復しているプレイヤーも多い。注意すべし。

 

モナークならこの位置からでも狙撃可能だが、さすがにここまで臆病なプレイヤーは少ないためリスクは低め。

 

投稿者:

MAIKERU

サイトの運営者です。最も熱心にプレイしているゲームは「モダンコンバット バーサス」で、トロフィー数は最高3,600を記録しました。サイトでは、主にゲーム・エンタメ全般に関する情報を毎日更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です