モダンコンバット Versus|マップ考察

0 25

マップの構造を把握しておくと確実に勝率は上がる。身体で覚えるのにプラスして、客観的に情報を整理するとより効率アップ。

スポンサーリンク

FPSにおいてマップの構造を理解しておくことは戦況を有利に進める上で大切です。

身体で覚えるでもいいんですが、より客観的に整理しておくことで考えがまとまりやすいというメリットもあるかと思うので、公式Twitterを元にマップ情報をまとめておきます。

 

スラム

まずはゴミごみとした環境のスラム。

5月1日の超大型アップデートにより、PvPにおけるゾーンコントロール戦(制圧せよ!)は「鶏舎」か「ボロ屋」が選ばれるようになりました。(屋上も出る?)

 

このマップは狭い通路や障害物が多いので、しっかりと周囲を見渡しながら、敵がどこからやってくるか予測した上で行動することが大切ですね。

 

自チームの動きとしては、なるべくワンパターンにならないように、敵の裏をかくような侵入ルートを常に選んでいきたいところです。

 

ブラックロック

こちらは5月1日の超大型アップデートにより、マップ全体が縮小され障害物も多くは位置されるようになりました。

この変更により、以前よりはモナーク無双がやりにくくなったのではないかと思います。

現在ゾーンコントロールで選択されるエリアは、「ジェネレーター」か「「橋(地下道)」になります。

地下で戦っていると気づきにくいんですが、意外とモナークやセブンがスクエアを取り囲む通路の隅から攻撃を仕掛けてくるので、ゾーンを占拠しているからと言って、不用意にスクエア側をウロウロしない方がいいでしょう。

 

バウンティにおいては、何かと橋やジェネレーター付近で交戦しがちですが、実はステーションやフォーラム周辺に4人で陣取って戦うのもそこそこ強い。

近寄ってくる敵をモナークやセブンで狙撃しつつ、強引に入ってきた敵に対してはブレイズで火葬するなどの戦法が有効です。(野良では意思疎通が難しいですが)

 

砂嵐

ここは何かとツェッペリン周辺で交戦しがちです。

自分のチームに近距離戦で優位を取れるエージェントがいるなら、なるべくここへ誘導するようにして戦うことでアドバンテージが得られるでしょう。(ブレイズ、クルト、チャプカ、タワーなど)

フロントゲートやプラザの辺りまでいくと遮蔽物がほとんどなくなるため、相手にモナークやセブンと言ったスナイパー系がいないのであれば、あえてそこへ誘導して戦うという戦法もありかもしれませんね。

 

ちなみに、ツェッペリンの2Fは安全地帯のように見えますが、当然貯蔵庫側からモナークやセブンが狙うことができる位置になるため、あまり油断はしない方がいいかと思います。

スポンサーリンク

また、そういう場面は少ないんですが、クリーパーはKORPポンプ側からツェッペリン2Fまでテレポートできるので、相手に上記3人の誰かがいるときは警戒だけしておきましょう。

 

もうひとつ付け加えると、ブレイズのミュータントグレネードやチャプカのザップトラップもKORPポンプ側から放り込むことができるので、もし相手チームがそれなりの連携プレイをしてきたとすると、厄介な状況になるやもしれません。

 

APEX

APEXはモナークやセブンが狙撃しやすいポイントがいくつもあるため、常に警戒しながら行動する必要があります。

管制塔やエントランスは正に格好の狙撃ポイントなので、まずはそこを必ず確認すること。

また、中央ヘリポートの周囲を普通に走って移動するのも、無防備な時間帯が長くなるため危険です。

 

自分が気付いてないだけで相手に後ろから追われていた、という場面が特に多いマップだと思うので、不用意な行動は避け、ちょっと臆病すぎるくらいに周囲を見渡して行動することをおすすめします。

 

ゾーンコントロールは、現在は「中央ヘリポート」と「デポ」「エレベーター」とすべてのゾーンが選ばれています。

 

ライブトーナメントで任意のマップを記憶する

マップを覚える際におすすめしたいのが、ひとりライブトーナメントの開催です。

 

設定をクローズにしておけば他のプレイヤーが入ってくることもありませんし、練習したいマップを任意で選択可能なため、効率よく周回することができます。

最短距離やルートを覚えるのに役立つかと思います。

 

ゲームルールはバウンティかゾーンコントロールで選べますが、いずれにせよ5分ほどで引き分け終了になります。

ラウンド数として1か3が選べるので、同じマップを重点的にプレイしたいときは3ラウンドを選びましょう。

コメント

メールアドレスは公開されません。